【裁縫】古い着物をがま口バッグにしたよ

SPONSORED LINK

こんにちは!

ようやく雨が止んだので、洗濯モリモリしてスッキリのancoです。

はてさて、最近プラモばかりだったので、久々に裁縫!

たまーに着物でお出かけするのを楽しみにしてるのですが、着物のバックは全て手提げタイプ。

両手が空くショルダータイプなら展示会にも着ていけるのにな〜と思ってたところ、良さげな余り布を実家で発見。


私のひいおばあちゃんが着ていた着物を先日実家の母が帯に作り直したそうで、その余りだったとか。

鎌倉で可愛いがま口バッグを見かけて「着物の時にがま口バッグを斜めがけしたら可愛いかも!」と思い、作る事にしました。
出来上がったものがこちら。

裏地には家にあった余り布を使いました。

着物の生地の方に接着芯を2枚貼って強度出し。がま口の物を作るのは初めてだったので、縫い付けタイプにしてみました。

見えないところがなかなかザツです(笑)

型紙から起こしたのですが、やはり裁縫は難しい!

キッチリとした計測と裁断がポイントだと分かっていても、ズレズレになってきちゃう悲しみ…

母の分も作る予定なので、2個目はもっと上手に作れるように頑張らねば!!

ショルダーの紐選びが楽しみなancoでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です