HGグレイズアイン完成しました。

SPONSORED LINK

1/144 HG グレイズアイン
※記事内に「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の微ネタバレを含みます。閲覧時はご注意を。
ドーモ、マイスター関田です。
久しぶりに、作例でもなく店頭サンプルでもない個人製作のガンプラが完成しました。

1/144 HG グレイズアインです。

二期が始まる前にできて本当に良かった。


商品としては登場直後にラスボス的なMSのプラモが発売されるという理想的な展開でもあり、ずいぶん売らせてもらった記憶があります。

武装がシンプルとはいえこれだけ大型の機体が¥1400(税抜)はさすがに驚きました。

その分というか、簡略化されている部分はあるわけですが、その辺りは気になったところを可能な範囲で手を加えてあげましょう。



工作に関しては、ゲート処理、ヒケ・ パーティングライン消し、合わせ目消し、モールド彫り直し、エッジのシャープ化といったいつものルーチン工作を一通り。それ以外は気になった肉抜き穴埋めと、手首にコトブキヤさんのMSGワイルドハンドに少し手を加えたものを用意した位です。

塗装に関しては当初、劇中の作画と設定画を踏襲しつつダークトーンでまとめようと思っていたのですが、「配色に自分の解釈に基づいた機体のキャラクター性を反映させる」という考え方を強く意識する方法に転換してみました。

大まかには

フレーム色ライトグレー:

アイン・ダルトンの人間性を意識して調整。基本的にlowサイド。真面目で、真っ直ぐな人物で私のようなおっさんから見るとちょっと青い。悪人ではない。尊敬できる人間への敬意や忠誠心を活動のエネルギーにできる人。

という勝手な解釈から明るいウォームグレーにシアンを足したシルバーを重ねるという普段余りやらない組み合わせに。

装甲色ダークブルー:

マクギリスの策謀+禁忌の技術を意識して暗めの色調に。また、隠された陰謀めいた雰囲気を狙って見る角度によって強く暗い色が出るようにパールを重ねています。

装甲色ブラック:

クランクの敵討ち&鉄華団殺すマンというアイン生来の気質とは違う物語で加わった要素を意識。怒り、憎しみ、殺意のでもってブスブスと下地色の黒をカーボンブラック顔料の黒塗料ではなくシアン・マゼンタ・イエローの三原色を混ぜて作りましたが余り意味はありませんでしたね。

結果として、普段なら気にしている作品全体のトまとまりを無視することになったので、「若干チグハグかな」という印象ですが、完成してみるとこれはこれでアリなのかなといったところです。

この方向性でいくなら、いっそ元の設定色その物を無視してしまうというのもアリかもしれません。現状ではまとめる自信はありませんが面白いかも。
できればベースまで作ってあげたいですが、お仕事の製作が入ってしまったので、とりあえずはここまでということで。

★個人的1/144 HG グレイズアイン評★

プロポーション:★★★★★

ディテール:★★

組みやすさ:★★★★

塗りやすさ:★★★

お買い得度:★★★

  

至極個人的な評になりすが、

まずは、物語後半の登場機体が軒並みプラモデルで発売されないという少年時代の刷り込みがあるおっさんにとっては、登場から間もなくキット発売となったことだけでも嬉しいものです。

ただし、この機体を¥1400(税込)で出すためにオミットした部分=パーツ数抑制のための肉抜き穴多めの設計や簡略化された手首が気になってしまう人にとっては一手間掛けずにはいられない内容かも。

ここを煩わしいと感じるか、腕の見せ処と感じるか、或いは愛ゆえに見過ごせぬと感じるか、はたまた、当たり前のことなので粛々と処理するのみととるかで作業の士気は大きく変わってくるでしょう。

そんな中で、各部を簡略化しつつも大型アクスを2パーツ構成にし肉抜き穴無しにした決断にはひたすら感謝。手足の肉抜き穴を埋めるための精神力と、武器の肉抜き穴を埋めるために必要な精神力は、桁が違うと感じるほどの差が私にはあるので本当にありがたいことでした。
プロポーションは抜群に良いため細かいことは気にしないというのであれば、このキットに関してほぼ不満はないように思います。

前述の肉抜き穴に関しても気にならなければそれでOKなので無理に加工するよりは、無視してイメージ通りに塗るなり、組んでそのまま飾るなりで十分に満足できるのではないでしょうか。

とりあえず、完成するとキマリス・トルーパーかバルバトス第六形態が隣に欲しくなりますね。
総合満足度:★★★★
十分にオススメに値する好キットです。
では、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です