【イベントの秋】こどもと行く模型展示会のポイント

SPONSORED LINK

雨降ってると寒いくらい!過ごしやすい日があるとうれしくなりますね~
おはようございますancoです~

下の子が生まれてからめっきり遠方の展示会とは縁遠くなってしまいました。
つらい。

しかし、子連れて模型展示会に足を運んじゃうのもまたancoさん。
長女4歳、次女1歳の子連れで模型展示会にいってきて、思ったことや、ポイントなどまとめてみます。

・抱っこできるうちは抱っこせよ!
展示会会場をベビーカーで動き回るのはほぼ不可能なので、
私は受付に声をかけて「会場の外にベビーカーを置かせてもらうことはできますか?」と伺います。
受付のお兄様型はみなさんいい人なので「どうぞ!」「受付で預かります!」など優しくしてくれます。
いつもベビーカーで行ってごめんなさい、そしてありがとう…

そして、抱っこ紐に切り替えて会場内を見学します。

・会場内に味方を作れ!
どんなに気を付けていたとしても、子供は何をするかわからない生き物。
まして、1~2歳の子供を展示会会場での野放しは危険すぎるので、
基本的は抱っこですが、友人や同行者がいる場合は、交代で見るのもいいでしょう。
また、友人や同行者が居れば、自身がトイレに行きたいなどの時に、
少しだけ子供をお願いすることもできますし、
子連れだと荷物も多くなりがちなので、少しでも手を貸してもらえると
気持ちの負担が少なくなります。

いつも友人たちに助けられて、展示会を楽しむことができてます。

・会場近くの公園やキッズスペースを確認せよ!
子供は体を動かさないとじょじょに機嫌が悪くなる生き物なので、
近くの公園やキッズスペースなど、子供が楽しめる場所が近くに無いか確認しておきましょう。
会場入りする前などに、少し遊ばせておけば、子供もゴキゲンです。
また、お昼寝をするくらいの年齢だったら、しっかり遊ばせてお昼寝の時間を狙って
会場を回るのもよいでしょう。
少し時間をかけて見たい場合は、
会場→子供を遊ばせる→昼食→会場
など、休み時間を設けるのも有効です。

我が家の場合は、帰りにディズニーストアに寄って、子供が大好きなツムツムを一緒に選ぶのも
最近のひそかな楽しみです。
親の用事に付き合わせた時は賄賂も欠かしませんw

・開場直後に行くべし
展示会が混むのはたいていお昼過ぎです。
なので、早めに行って空いてる時間に見れば、子連れでもあまり迷惑をかけずに見ることができます。
また、お昼頃には展示をしている方々も休憩に出られるので、
奇跡的に会場がスッカラカンなこともあるので、11時~13時ごろに行くように心がけています。

・子供と一緒に見るべし
ある程度大きくなれば、意思の疎通もだいぶできるようになります。
うちの子の場合は3歳過ぎたころから一緒に見られるようになりました。
が、それでもいつ作品を触ってしまうか分からないので、見るときは必ず一緒に行動しましょう。
会場に入る前に、子供に言い聞かせるのが大切です。
「いろんな人が、一生懸命作った作品がたくさんあるから、絶対に触っちゃいけないよ」
「会場内は人がたくさん居るから走っちゃダメだよ」
「いろんな作品があるから、見るだけだよ」
「好きな作品があったら教えてね」
「いろんな作品があるから、お母さん楽しみなんだ~」
などなど。注意事項をあらかじめ話したうえで、
なるべくポジティブに子供と楽しむ方向で誘導します。

うちの子は妖怪ウォッチ系や、ウィーゴにめっちゃくいついてみています。
子供が楽しめる作品を作ってくれている方がいると、とっても嬉しいですし、
当然自分と子供の趣味は違いますから、子供の視線で作品を楽しむことができるのもの、
また、得をした気分になれます。

まぁ、飽きるの早いですが(笑)

・時には置いて行く勇気
やはり、子供が居ると会場や主催者さんに、気を使わせてしまったり、大なり小なり迷惑をかけてしまうこともあります。
混雑が予想される展示会や、時間帯に行くときは、子供を預けるのも一つ手段です。
子供が居るとどうしても、長時間の滞在は子供の負担にもなるため、
子供を家族にお願いすることもしばしば。
特に自分で作品を展示するときは、一人長時間は見られないので、
預けてしまう、家族総出で行きダンナと交代で見るなど対策を打ちます。

以上の点を押さえておけば、子連れで展示会も不可能ではありません!
いつも子供を連れていくときに、
「迷惑かけたらどうしよう」「嫌な顔されたらどうしよう」
など、結構ネガティブなことを考えたりもするのですが、

基本的に主催されている方々は本当にサービス精神旺盛で、
結果的にとても気を使ってくださる事がおおいので「感謝っ…!圧倒的感謝っ…!」
と思いながら会場を後にすることができています。

私の思いとしては「すごい作品が集まっているからこそ、子供にも見せたい」という気持ちも大きく、
造形への入り口になってくれるのでは?という思いから、
出来れば連れていきたい、という気持ちがあります。

4歳の娘は0歳の時からいろんな展示会に連れていかれているので、
作品に触ることはありません。
普段から家でも「今触っちゃダメ~!」など言っているので、
最近は「これもう触れる?」など聞いてから触ったり見たりするようになってくれました。

子供にも鑑賞マナーを教えて、子供の姿がもっと見られるとうれしいな~
と個人的には思っているのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です