【過去作】HG Revive キュベレイ

SPONSORED LINK

ドーモ、リハイゼ完成後の燃え尽き症候群でダレるマイスター関田です。
このブログでも何か書こう書こうと思いながら時間だけが過ぎていってしまいましたが、

私にとっても山場となった作品、空山竜司さん原型の「1/144リハイゼ」も完成、記事も無事に上がり、C3での展示も完遂してホッとしたことですし、

リハビリも兼ねて少しずつ記事を書いていこうと思います。
さりとて、ネタが…と思っていましたが、

電撃ホビーウェブさんではガンプラの作例記事はある程度時間が経つと落ちてしまうようなので、過去の作例をご紹介がてら記事に書かなかったようなことを書いていきましょう。
というわけで、今年頭の完成となった

1/144 HG Revive キュベレイです。

このときの製作方針は

パール塗装を念頭に置きつつ、一部のパーツをイジって好みのプロポーションにする。

というものでした。
こちらがパチ組状態
こちらは塗装前にチェックのため組んだ状態
キットは最新のガンプラなのでそのままでもキュベレイの特徴をとらえた好キットではありますが、

バインダー・腕脚を大きく見せたいという理想を追って胸部の小型化とウェストのクビレ強調、フェイス部の削り込みを行っています。

バインダー・腕脚を大型化しなかったのは単純に手間の少ない方を選んだだけです。もし、腕や脚の形状が気に入らなければ形状変更をしつつボリュームアップしていたかもしれません。

肩のスラスターバインダーに関しては、縁のラインに抑揚を持たせ作品のアウトラインに変化を持たせています。何かで見た画像か画稿(設定画の飛行ポーズ?)でこういう描き方がされていて「カッコイイ」と思ったからという、それだけの話だったりします。

プロポーション変更の際、体と四肢のバランスは大切でこのときも もちろん注視していますが、同時に考えたいのが顔(頭部ではなく)と手首のバランスでしょうか。

地味なポイントですがキャラクター性が大きく変わってくるので、いつも意識しています。

特にキュベレイは手首のボリュームにかなり幅が持たせられるので、顔をどこまで削り込むのか、手首の大きさは変えるのか、指の長さはどうするのか等、迷った記憶があります。

 結局、指を削り込んで手首のボリュームを確定させてからフェイス部の削り込みを調整することで落ち着きました。

キュベレイでの小顔と大きな手首のアンバランスさは、「華奢な女性がゴツい手甲を着けている」イメージを意識しています。Fateのセイバーにも通じるバランス調整でしょうか。

キュベレイには小さめの手首も似合いますが今回はこっちでした。
次回は塗装のお話を少々。
あ、折角だからプライベートで撮った画像も貼っておきましょう。

名キットMG キュベレイ(奥さん作)とのツーショット​今見てもMGキュベレイカッコイイ!

電撃ホビーマガジン作例キュベレイパピヨンとの比較​異形のバランスを狙ったパピヨンは若干消化不良だったので、いつかまたチャレンジしたいですね。

百万式改造の百式(風)とのチャンバラ

痴話喧嘩してそう。

こんなところですかね。

では、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です