物作りに魔法はないんだよ。と言うおはなし。

SPONSORED LINK

こんにちは!

こちらは大気不安定。なんだかどんより曇り空でございます。ancoです。

さて、以前から気になっていた、初心者さんからよく聞く、誰でも上手にガンプラが作れる秘技的な物についてつらつら書いていこうと思います。

ダンナのマイスターは仕事柄様々なお客様と日々接する訳でして、

もちろんプラモ作り初めてです!という人も多くお店に訪れます。

そんな中、お店に並べられた作例を見て「これくらいすぐ作れる!」と豪語する方も居るとか居ないとか。

マイスターは内心「トッププロの雑誌作例だよソレ、アワワワワ」となるそうです。

何故だか

〈簡単に作れる魔法があって、それさえ分かれば誰でも簡単に作れるのがガンプラ〉

だと思ってる人が一定数居る、と言うのもまた事実なんだなぁと。最近感じます。

そう、この実体のない〈魔法〉こそが、初心者を惑わせているのかな?と。

良いですか。この魔法はハウトゥを見ただけでは決して習得できません。

そして、この魔法は決して簡単ではないですし、誰にでも出来るものではないのですが、時間さえかければ、一定のレベルまでは到達する事が可能です。

ガンプラ作りも、物作りの一種です。スンゲェ作品は時間も、手間も、技術も、結構かかってるものなんです。

ここまでくれば、お気づきかもしれませんが、

物作りに魔法は無いんです。

もしかしたらうまく作るための近道はあるかもしれません。しかし道を知っていても自分の足で歩かなければ到達する事はやはり出来ないのです。

ハウトゥを見てチャレンジ→失敗→もうガンプラやらない!!  

魔法があると信じているとこう言う思考に陥ってしまうのです。まぁその程度の興味だった、と割り切ってしまうのもアリですが、モデラーとしてはそれは寂しい。

初心者さんにぜひ模型沼に落ちて欲しい。

なんなら一緒にモデラー界隈を、盛り上げて欲しい。

なので、初心者さんが居たらとりあえず作ってみてください。それから、やりたい事があったら1つずつチャレンジしてみてください。

一作品に全て詰め込む必要はありません。同じものを何度作っても大丈夫です。同じような作り方で量産したって大丈夫。何やったって、自分の作品だから好きにして良いのです。

もちろん、失敗したって。パーツ単位だったらパーツ請求しても良いし、嫌になったら違うプラモ作ったって良い。

しかし、やみくもに作るだけではなく、目的地を設定する事も非常大切です。

自分がどんな物を作りたくて、そのためにどんな技術が必要か。その為にはどんな事をすれば良いのか。

ここまでくれば上達する事は間違えありませんし、きっと出来上がったものに愛着が湧くのではないでしょうか。

自分が作りたいものは、自分が手を動かす事でしか生み出す事ができません。自分の作品は自分が一番好きなはず。

好きな作品作りたい!その為の積み重ねこそが〈魔法〉の正体なのかなぁ、なんて思うわけです。

要するにね、愛なんですよ。愛が魔法を生み出すと。

魔法の正体を知ってるひとは「凄い!真似できない!」と素直に思えますが、魔法の正体を知らないと「タネさ分かれば誰でも出来るんじゃね?」と思う。

どんな凄腕のマジシャンだって、とてつも無い練習を重ねてるけど、それを観客に見せませんよね。

ただ、簡単なマジックだってあるんです。まずはそこから、一緒に楽しみませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です