RE100 ナイチンゲール 唐突に製作開始

SPONSORED LINK

ドーモ、
夜な夜なウォーキングやら、ジョギングに勤しむ
マイスター関田です。

グランゾン放置がつづき、
ブログも同様でしたが、
突如、半分仕事でRE100ナイチンゲールの
製作を開始することになりました。

もう、発売から一年ですが、
キット化の方を受けたときの
衝撃は相当なものでした。
一緒に一度は完成させたい題材でもあったので、ボルテージは高いです。

キット内容はフレーム無し、
パーツ数少な目なシンプルさは
作り手次第でどんな風にも化ける
といったところ。

勿論、パチ組だけでも
この怪物のような機体の形状や大きさは十分楽しめるのですが
やはりモデラーとしては
自分の色を出して仕上げたいものです。
そうした欲望にストレートに答えてくれる側面は優秀なキャンバスとも言い換えられるかも知れません。

幸い(?)にして、勤務先のお店に
完成作品が3機もあるので、
色々参考にさせていただきつつ
製作を進めていこうかと思います。

全体的な流れとしては、
プロポーションを好みにイジり
全体のバランスを見た上で、
適宜ディテールを加えていく
としましょう。

プロポーションは
元のイラストを念頭に置きつつ
ゲームのガンダムExtreme VSに登場する
ナイチンゲールのCGが好みだったので
参考にしていきます。

塗装が光沢仕上げになるので
ディテールは密度感を保ちつつ
グチャグチャにならない程度に
押さえていく予定。

グランゾンは脚からスタートしましたが、
やはりいつもの順番にしないと
モチベーションが保てなさそうなので
頭部から製作スタートです。

まずはキットのままの状態

image

もっと、前後に延びが欲しかったので
ヒサシとアゴを延長。

image

モノアイスリットが幅広に感じられたので、
ヒサシの下にプラバン貼って
目付きを悪くしました。

image

ほぼ自分の好みになってきました。
もう少し後頭部を伸ばしたいところですが、そこは襟周りと相談で。

やはり、この辺りの形状を変える作業は楽しい。

今日のところはここまで。

今回は途中で投げ出すわけにはいかないので、
最後まで継続して作っていきましょう。

では、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です