【作品が】アンモナイツとりあえず完成【静岡へ行ったよ】

SPONSORED LINK

こんばんは!間も無く次女も生後2カ月!ancoです。

あっという間に6月ですね。5月は今年は無かったとしか思えません。マジで5月どこ行った。

4月、退院後は実家へ里帰りをしておりました。長女も魔の2歳児真っ盛りで、最強に手がかかるお年頃の為、自分の両親と兄家族に助けてもらいました。

妊娠中からチマチマと進めていたmk-44とサイトウヒールさんのフィギュア。

こちらは間に合えば静岡ホビーショーへ送って展示してもらうぞ!と思ってたので、目標設定してガシガシ進めました。

  

いやー、次女ちゃんがホントよく寝てくれる子で!お腹すいた時とオムツが汚れた時位しか呼び出されなかった為、

産後10日目位からプラモ再開してました。実家でも何故か協力的で(笑)リビングの一角を作業スペースで常にいつでも作業できる状態にとっ散らかしっぱなしにさせて頂きました。

気が向いたら座って進めて、いつでも中断できる、みたいな。夢のような作業環境\(^o^)/

MK-44に関しては、リベットを金属リベットに変更し、溶きパテ等で鋳造表現を追加。

かるい工作に止めて、とっとと塗る事にしました。
しかしながら、今回はフィギュアとの絡みもあり、女性が乗る機体という事で、カラーリングは最後まで固まりませんでした。

悩み悩んで、カーキをベース色にして赤の迷彩を入れるというスタイルに挑戦。一機丸々筆で塗るなんて、久々を通り越して2回目?3回目?といったレベル。

感覚や勘みたいな物がほぼない状態でスタートです。

本当はベース色位はスプレーやエアブラシを使いたかったのですが、実家に居るし、産後間もないから自分自身も外出がなかなか出来ない状況。

(産後一カ月は、母体も基本的には自宅で安静を推奨されてます。一カ月検診で経過良好ならば、赤子も母体も普段通りの生活を送れるようになります)

援助物資をダンナに送ってもらったり、通販駆使したりして、ある程度の物資は揃えましたが「やっぱりアレ必要…」「コレがあれば便利なんだけど…」みたいな事態にはなるべくある物で対応しました。

幸い、シタデルカラーは家にある色を全て実家に持ち込んでいたので、なんとか色は塗れる、という環境だったため、無理やり進めていきました。

  
  

グレーの下地に、カーキを塗ります。ワンポイントでブルーを使用。

  

大胆に赤を!乗せる!スンゲー浮いてる!気になる〜!

  

と、言うわけでボカして行きます。ネットでマシーネンの画像とかめっちゃ見まくって、ボカすという手段にたどり着きました(笑)

ついでに、中の方は少しトーンを落とした赤も入れて、どす黒い赤にしちゃいました。

フィギュアのオネーサンが大人の魅力ムンムンなので、こちらも大人っぽくどす黒い血の色を採用。

  

全体に施し、赤の量を意識的に多めにしてみました。最初は全身真っ赤にしたかったので、これでもカナリ落ち着いた印象です。

手書きのお魚マーキング。青といえば水、水といえば魚。お魚描こう!と割と最初から決めてました。

ベタの画像やイラストを参考に筆でイッパツ書き。

  

 里帰りから戻った後に、デカールを貼り、スプレーでトップコート。

ここからジワジワ汚して行く予定でしたが、なんせ時間が!タイムアウトで、なんとも中途半端な汚しで静岡に送り出しました。

  
目が入ってなかったオネーサンにも慌てて目入れ。

あれ?なんか足んなくね?と旦那に言われて、協議の結果アイラインが足りない!という…

こんな小さいところにメイクなんて出来ねぇよ!とか言いつつ発送当日の朝まで粘りました。

  

まぁ、一応完成って事で…
慌てて梱包して、コンビニに子を2人引き連れて行き、発送してまいりました。

なんとも中途半端な状態ではございましたが、一区切りという事でTwitterなどなどアップしたら、

「中途半端な状態で人様の目に晒しおって…」と諭されました。へへ。ちくしょう。

また、気が向いたら手直しするもんねー。

非常にコンパクトなので、展示会などモデラーさんがたくさん集まる場所に行く時には持って行こうと思います(´ω`)

その予定が立った時に…直すぜ!たぶん!

今日はダンナが娘とプチッガイ作ってました(^^)2歳9か月でニッパーデビュー…(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です