【産みました】出産前モデリングについて【二児の母です】

SPONSORED LINK

こんにちは!二児の母になりましたancoです。

4月3日15時51分、3176gの元気な女の子を出産しました!入院から4時間弱の安産でした!

体がバキバキですが、母子同室が日中のみなので、夜は暇だからプラモする時間あるな〜とか思う位には元気です。

さすがに病室にプラモ持ち込む勇気はありません(笑)

さてさて、出産になる前日まで悠長にフィギュアの塗りを進めていた訳ですが、お腹に赤子がいる時の作業の感想なんぞ書いてみようと思います。

まず、妊娠初期はツワリで作業どころでは無かったです。生きてるだけで精一杯と言ったところでしょうか。上の娘も居たし。

それは上の娘の時も同様でしたが、5ヶ月に入る頃にはツワリも無くなり、ぱち組からあまり神経を使わない作業から再開しました。

ツワリの時期さえ抜ければ、と思ってましたが、妊娠中はずっと眠気との戦いで、本当に余裕がある時しか作業が難しかったのも実情です。

そんな時にちょうど良かった作業は筆塗りでした。

ただ汚すだけ、筆塗りをちょこちょこやるだけ、と言うのは作業の中断もしやすいので、妊娠中思うように動けないストレスを模型タイムを取ることでリフレッシュする、と言う流れに変えられました。

完成品のリペイントなんかも良いかもしれませんね(・∀・)

  

汚したり…汚したり…。

妊娠中にはシタデルカラーを使用しました。

ラッカーはさすがに控え、安全な塗料を使用すれば、自分も赤子も周りの人間も上の子も安心というわけですな。

一度、上の娘がシタデルカラーで手をべっちょべちょにしてしまい、焦りつつも笑ってしまいました。もう年齢的に舐めたりはしないのですが、シタデルカラーなら万が一口に入っても大丈夫です。

表面処理もやりましたが、あまり長時間作業が出来ないので、調子が良い時しか進まなかった、と言うのが正直な所でした。

表面処理ってどうしても自分にとっては時間がかかる割には、変化が見えにくい作業なので、作業時間が長く取れない状態では時間ばかりがかかってなんだか焦るんですよね。 

妊娠後期はとにかくお腹がつっかかる!

イスも満足に引けないので、机と距離が出来てしまい、パーツ落としまくってました。

臨月ともなると、落としたパーツを拾うのも億劫になり、パーツを落とす度に絶望感で一杯になりながら作業する、と言う謎の苦行に耐えることに。

そうなってくると、ぱち組さえもハードモードに…(笑)

最終的に一番楽しめたのは、フィギュアの塗装でした! 

出産前日にルーペを使って細かい所をイッキ進めました。

ただ、こちらも思わぬ所で胎動、赤子に蹴られて筆がブレて…なんてハプニングもしょっちゅう。

お腹の中で赤子が大人しくしててくれれば十分に集中して楽しめました。 

後はとにかく展示会イベント足を運びまくった事は、とても楽しかったです。

もともと、去年は「展示会にいっぱい行きたい!」と言う目標があったので、妊娠中もガンガン色々な展示会やイベントに足を運びました。

上の娘も2歳になり、実家に預けやすくなったので、実家に協力してもらって模型浴出来たのは、体調が変化する妊娠中にもいいリフレッシュになりました。

妊娠生活は10ヶ月におよぶので、その期間、作品を見せて頂いたり、色々な人とお話し出来て、モチベーションをなんとか保って安定期からは作業も少しずつ出来るようになったのは本当に有難いことでした。

妊娠中、体思うように動かないので、ホルモンバランスの崩れも悪さして「マジ子供培養する以外何も出来ないダメ人間…」位に思う事もありましたが、

模型に少しずつでも触れる事で「好きな事もちゃんと出来てる」と言う安心感に繋がりました。

趣味の大切な一面ですよね。

二児の母となりましたが、これからものんびりと模型作りを続けていくつもりです(・∀・)

最近はこの3キットを気分で作り分けしてました♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です