【ポリデント】筆塗りで作ってみよう②【漬けてみた】

SPONSORED LINK

おはようございます!

クックパッドの簡単チョコパンを作ってまんまと失敗して絶望感しかないancoです。

チョコ好きだから余計に悲しいです。近々リベンジです。綺麗なマーブル模様のチョコパン食べたい…(꒦ິ⌑꒦ີ)

さて、離型剤落としにポリデント。と言う話ですが、

ポリデントっていわゆるあの、入れ歯用洗浄剤のタブレットの事ですね。

離型剤落としに入れ歯用洗浄剤を使うと言う話なのですが、この方法はかなり前から確立されているとのことで、

キツイ溶剤を使うよりも、後の処理が楽に出来て、しかも樹脂も傷めにくいという利点から愛用してる方が多いようです。

数年前、超音波洗浄機が話題になった時にも「ポリデント+超音波洗浄機ヤベェ!」と再び話題になったとかなってないとか。

ダンナのお知り合いの原型師さんは、超音波ポリデントで毎回スッキリ離型剤を落とせてるらしく、実績もバッチリな様です。

因みに、入れ歯用洗浄剤も種類は様々ですが、安いものは洗浄力も当然落ちるらしく「少し高いけどここはポリデントで」とダンナに念を押されました。



早速買ってきてポリデント!ぬるま湯(40℃くらい)のお湯と錠剤で、オネーサンをドボン!ミントの香りが充満…  

錠剤はダンナの謎のこだわりで2錠。「多い方が落ちる気がする」だそうです。ホント?(笑)

これで、一晩お休みです。

一晩経ったオネーサンフィギュア。汚れの成分が浮いてますね!

この日はお出かけをしたので、お出かけの間、中性洗剤に漬けておきました。

塗料にも色々種類があるように、離型剤にも色々な種類がある訳ですが、中にはなかなか落ちてくれない離型剤も存在します。

なんの離型剤使ってるかなんぞ、なかなか分かるものでもないので、ここは慎重に、ポリデント後は中性洗剤で洗い、さらにクリームクレンザーを使って、歯ブラシでゴシゴシしてあげます。

ここまでやって、ようやく乾燥してあげましょう。

乾燥させたら、なんともいい感じに離型剤の脂っぽさが消えたような…

これで、全然ないけど気泡埋めが出来ます。同時に、組み立ての接着もしちゃいました。

サイトウヒールさんのフィギュアは、本当に初心者の私が困るポイントが無くて、しっかりハマって埋める必要もない感じ!

このままの勢いで塗装に入れそうです。

が!

離型剤はなんと、浸透するらしく、洗浄剤後のパテ埋めなどの工作が長引く場合には、染み込んだ離型剤が再び表面に出てくる可能性があるとか。

それも0.5㎜とかダンナ言ってたけど、本当かしら?だとしたら結構厄介…(´・_・`)

なので、作業が2ヶ月3ヶ月と長引いてくる場合は、塗装前にも中性洗剤やクリームクレンザーでしっかり汚れを落として、プライマーやサーフェイサーを塗る工程に移るのがオススメとの事です。

まぁ、念には念をで作業すれば、塗り始めてから剥がれたりなどのヒドイダメージを受ける心配は無くなるので、ガッシガッシ洗いましょう。

今回使用した物に関しては、シンク等にそのまま流せてしまう物ばかりですし、

台所用の洗剤など気軽に使える物になので、洗浄作業をするにもあまり力まずに使えるのかなぁ、と思います。

溶剤系は処理が面倒だから「やるぞっ!」と言う気合いが邪魔したりする事もありますからね(´ω`)

なによりガレージキットやレジンキットは高い!単価が高いからこそ、失敗したくないと言う想いも強くなると思うので、下準備こそ慎重に行いたいものですね。

大きいキュキュットは我が家の超お気に入りです(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です