【ご無沙汰】なつやすみの事【してます】

SPONSORED LINK

ごぶさたしております!ancoです!
生きてます。展示会とかはちょいちょい行っておりますが、
完全に手が止まっている状態です(´・ω・`)

ずっと書こうと思っていた夏休み、甥っ子とプラモ制作をした話から
まずは書き書きしようと思います。

小4の甥っ子、去年までポケモンポケモン言っていたのですが、
今年に入って見事に妖怪ウォッチへシフト。
見事にハマりまして、プラモも購入したりしておりました。
そんな甥っ子から連絡が。
「夏休みの自由研究の宿題に、ブシニャンに舞台付けて作りたい」
ほほぅ、ジオラマですな。どんな舞台が良いの?と聞いた所、
「江戸っぽいの!」
との事。え?江戸って?(笑)

そこでオバちゃん考えました。ジオコレの民家とかテキトーにくっ付ければ?と。
でもね、ジオコレ全然良いのが品薄なの。
そこでさらにオバちゃん考えました。
城のプラモだ、と。
早速プラモ屋のダンナに連絡。今在庫ある城プラモ教えてー!
リストで甥っ子に見せてもピンと来てないご様子。
そこで甥っ子の発言「えっとね、織田信長がいい」
もう江戸じゃないじゃん!とツッコミはさて置き、
織田信長はありました。安土城でございます。

そんなこんなで、ブシニャンと安土城のコラボが決定致しました。

むむ、とりあえず組んだブシニャンで遊ぶのはいいけど、
色を塗るならまずはゲート処理だ!と、甥っ子と手分けしてブシニャンのゲート処理。
400→800とヤスリがけ。甥っ子すぐ飽きる。
オバちゃん「ここ終わってないよ!ここキズ消えてないよ!」
ドヤしながらひたすらゲート処理。

その後甥っ子と作業計画を練る。
ジオラマまで3日間で一気に仕上げる予定。
なぜなら私の帰省期間で決着をつけねばならぬからだ!

ブシニャンは部分塗装とつや消し+シール、
城の塗り分けは筆で後は汚しで誤魔化す方向に。

宿題で、安土城の周辺資料と歴史を調べるように言って、
初日は終了。

次の日、エアブラシを使う為にダンナの店までGO!
そこで安土城購入。
「宿題のアレ、調べて来た?」
と甥っ子がプリントアウトして来た画像がドーン。
image

まぁ、お城って高い所にあるよね…
どこまで作らせよう…
頭を抱えながらまずは城とブシニャンの塗装。

甥っ子、エアブラシが相当面白かったらしく、
エアブラシの作業以外はなかなか進まず。
それでもなんとか目標のブシニャンの部分塗装と、
城の基礎塗装、ジオラマの元になるスタイロフォームの切り出しを終え、
妖怪ウォッチを見る為に早めの帰路へ。

image
帰ってからも城の塗装は続きます…
ブシニャンに比べて愛着が少ないからか苦戦。

image
次の日の夜、20時ごろから作業再開。
ジオラマ作りです。
スタイロフォームに樹脂粘土をペタペタして、
そこにサンドテクスチャーになんか色々混ぜたやつを塗ったくり、
上から色んな種類のターフを豪快に撒く!
このジオラマの作業、甥っ子もカナリの集中力を見せ、
自分でどんどん進めてくれました。
確かにただのスタイロフォームが短時間で姿を変えるのは、
ある意味衝撃だもんね。

木を生やし始めたあたりで、オバちゃん体調不良の為離脱。
その後ほぼ完成、と送られて来た画像が…
image
おおっ!頑張ったね。

なんとか3日で形になった!
あとは気になる所の修正と、ブシニャンのシール貼り。
夏休み終盤の楽しい思い出となりました(´ω`)

後日。
夏休みが明けて、この大作を学校で展示した所好評だったらしく、
感想カードも色んな学年から沢山貰い、クラスでトップの枚数だったそうです。
さらにさらに、お友達でプラモを買った子も居たらしく、模型業界にも貢献してくれました(笑)

甥っ子と必死に駆け抜けた制作。
たまにはこんなプラモ作りもたのしなぁ、って心底思いました。

甥っ子は最後までジバニャンを共演させるか悩んでました(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です