【コレジャナイ感】フレームにロマンを感じないダンナについて。

SPONSORED LINK

こんばんは!お盆ですね!でもフツーにパートのシフトを入れられまくって嫁の立場ぇ…なancoです。
ちょっとお盆で親戚集まるときに「スミマセン、ちょっとこの日パートで…」って結構気まずいね!知らなかったよ!
常識知らずテヘペロ、って訳に行かなくなってきたアラサーな夏。猛暑で脳みそも溶けそうだZE☆

溶けそう、と言えばダンナはサンプル作成と言うことで、RX-78Ver3.0に着手。
パチ組が鬼のように早いダンナが、超イライラしながら組んでおります。
あれ?超可動するんでしょ?男性的には胸熱なんじゃないの?

いやいやいや!うちのダンナは違いました。RGとか超どうでもイイ派。

確かに、凄いんです。バンダイの技術は。
しかしながら「プラモは作ってナンボ。って言うかプラモ屋的には作って欲しい」というダンナとしては、
組むだけでココまで完結するキットに、根本的に魅力をあまり感じないらしく。

むしろ塗らなくてOKなら、立体パズルでいいじゃん!位に思っております。
(あれ?書いてて超偏った考えな事に気づいたよ!)
と、言うのもプラモへの愛が「作る」方向に募りすぎて、
塗る人の事を考えてないキットが非常にイラっとするそう。

おそらく、私たち夫婦はとってもズボラで、プラモも短期決戦が向いているタイプ。
その為、見えないところは極力手を抜いて、とにかく完成させる!というのが基本スタイル。

勿論、やれる事はやった方が良い事はガンガンやるべきなんです。
でも、時間は無限にある訳じゃない。しかも、作りたいものはたくさんある。

そうなったときに、そこまで手を出すと完成しないよ~!となってしまう訳です。

例に漏れずver3.0も、内部フレームがギッチリ詰まった高い密度のキット。
見えないフレーム部分まで手を入れようとすれば、クリアランスも取らなければならないし、
パーツ数を思えば結構な作業量。

うーん、私は見えない所はやらない主義なので、まずやらないなぁ。
ダンナも同意見。
しかも、一部モールドが浅いため見えるパーツも表面処理と共に、彫り直しを行ったりと、
サクッと作るにしても、避けられない作業もあったりするようで…

フレームにどうしてもロマンを感じられないのは、塗装前提で作業スケジュールを組み立てたときの、
グッタリ感にある様です。

現在表面処理をしながら組んでいたダンナも、パチ組はようやく終えた様。
やっぱりプロポーションは文句ナシにカッコイイ!
このプロポーションこのままで、パーツ数がもうちょっと少なければ…

と、ズボラ夫婦は思ってしまうのでありました。

ドーベンウフルが放置食らってるので、明日こそパチ組みしてあげる予定です…
めんどくさがりでねぇ…

anco
twitter:@anco_s
Re:sence:anco
モデラーズギャラリー:anco

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です