【ダンナが】ホビーショー行ってきました。どうなる!?今後のガンプラ!

SPONSORED LINK

IMG_3803[1]
こんばんは!昨日は結婚記念日だった我が家です。
肉をしこたま買い込んでおうち焼肉+アッガイコンペの賞品のスイーツでお祝いでございました。この色気の無さ…
今年一年間、夫婦で見たアニメを振り返ってみると、エウレカセブン→ボトムズ→攻殻機動隊→銀魂→黒子のバスケ→コードギアス←今ここ
と、言う感じに。
わが家ではアニメもプラモに次ぐ夫婦共通の話題です。ちゃんとオタ充も出来てますね!

さて、プラモ屋なダンナは、業者招待日にホビーショーに行ってまいりました。
写真などはガッツリ色々なサイトにアップされているので、ダンナがメーカーに突っ込んで聞いてきたよ!なお話を。

ホビーショー直前から話題になっていた、大型MG。
諸説ありましたが、RX-78でしたね!ガンダムver.3!
わが家的にはホビーショー前から「結局RX-78かよ…何回出せば気が済むんだよ…」
などとあからさまにガッカリしていたのですが、ホビーショーで実物を見てきたダンナは考えが少し変わったそう。

良く聞く感想としては「結局RGが大きくなっただけ」と言う事ですが、
そこは1/1ガンダムをベースとしているので、見た目はどうしても酷似しています。

しかし、内容としてはさらに発展している様子。
RGシリーズやνガンダムver.Kaで確立した、関節機構・パーツ分割・金型製作…
ドンドン進むバンダイの技術で、今までできなかったことが出来るようになり
その新技術を軸に何か開発をすると言うことで、とりあえずRX-78!と言う所でしょうか。

もうここまで来ると立体パズルレベル…!
これはパチ組派の人にとってはうれしいキット。
塗らずとも工作しなくとも、カッコイイガンダムが組むだけで現れます。

組むだけで満足感が得られる!この技術は本当にスゴイですよね。

しかしながら、塗装派の人間には一筋縄でいかないキットでもありそうです。
相変わらず可動指しかついていなかったり、クリアランスを取れているのかという質問をぶつけた所、ごにょごにょだったり。
可動指は塗装をする際に頭を悩ませる一つポイントで、表面処理の大変さや、クリアランスが取れていないので動かすと塗装もハゲハゲに。
相当な愛を必要とされるパーツでしょう。

一方ギラドーガはMGのエクシアやマラサイやAGE1などに共通する
組みやすくて、パーツ分割的にも塗りやすく、それでいて作り手の解釈や思い入れをいれる余地のある商品だった様。
色々な意味でプラモを「作る」という感覚がある人にとってはうれしいキットにかもしれません。

今回発表になったMGが同じMGの中で、こんなに両極端な設計思想になったの設計者個人の差かもしれません。

今後、プラモデルとしてユーザーがオリジナリティを追及する余地や塗装のしやすさを考慮された商品と、
RGや今回のver.3の様な組むのは大変だけど、重厚感があってカッコイイパチ組派の人が満足出来る商品が
シリーズとして統一していく流れでは無さそう。
今後も、そんな2つの商品の特徴が入り混じったシリーズ展開がMGは続く様子です。

一方HGはドーベンウフル、ゾゴックなどの今まで日の目を見なかった機体のHG化。
ここの所、立て続けに長くガンプラを作っているファンには嬉しいキットが続いてますね!
この流れは今後も続く様子。いい意味で驚かしてくれる事が大いに期待できそうです。

以上が我が家の考察でございました。

いやはや、新商品は楽しみなモノですな♪

anco
twitter:@anco_s
Re:sence:anco

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です