【ありがとう】ひたすらアッガイコンペ、受賞しました【そしてありがとう】

SPONSORED LINK

こんにちは!ワンコがトリミングしたてで、手触りからにおいまで最高にイイので、
モフモフしまくっては嫌がられているancoです。

みなさま!以前ご紹介したひたすらアッガイコンペへ無事、応募したわけですが、
ハンドメイドアッガイ部門で受賞となりました~

IMG_3415[1]
ベスト・オブ・アッガイネイリスト賞、という名前も可愛らしい賞でございまして、
主催の大森由加里さまには感謝感謝です。

モデルをやってくれた兄貴会ムーチョにもありがとう、そしてありがとう!

いやはや、こういうコンペ的なモノはいわばお祭りなので、
基本的には参加することに意味がある!と思っている人なのですが
やはり受賞、という響きはうれしい物でございます。

以前、ダンナがコンペで受賞するにはどうしたらいいか的な質問を受けた事があるらしいのですが、
ガンプラのコンペに関してはMGで参加することは必須、と言っていました。
と、言うのも兎にも角にもインパクトが大切!だそうで。

デカイと言うのはそれだけで目を引くので、HGUCで参加するのは勿体ない、という考え方だそうです。

もちろん、デカさだけではダメですし、アイディアだけでもダメなのですが、
技術だけでもダメな訳で(もちろん圧倒的な技術の持ち主だったら別ですが)
そのアイディアをまとめ上げるセンスと、技術のレベルが合致した時に、
人の目を引く作品を作る事は十分可能、ということです。

人の考えつかないような事を、センスと技術でまとめ上げる。
コレって本当に難しいですよね。
これでは気軽に参加なんて出来なくなってしまいます。

因みに、ダンナの場合は「コンペは勝ちに行ってナンボ」の人。
私が「参加しようかな~」と言うと、プランをヒアリングされてるのですが、
「まぁサクっと作って…」的な事を言うと、参加自体を止められますw

どこでGOサインを出すかは、人それぞれですが「勝ちに行く!」と言って作ってみると、
自分の技術がグググっと上がったりするのも確か。
期限がある、というのも大きいですね。

祭りじゃあああああ!と参加するもよし、
コレで勝つる…!と参加するもよし。

どちらにせよ、作品が沢山集まる場所と言うのは、貴重なモノですよね。

主催の大森さん、本当にお疲れさまでした。

anco
twitter:@anco_s
Re:sence:anco

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です