【番外編】クラッチバック型ブーケを製作してみました。

SPONSORED LINK

こんばんは!今週もヒキコモリ決め込んでいるancoです!
食材も買ってあるし!金曜日まではガッツリ引きこもりますw

さて、絶賛ヒキコモリ期間にやらねばならぬ、昨日購入した造花の加工。
リア充企画のために、ウエディングブーケを自作しております。

友人にアドバイスも貰い、フラワーアレンジメントとかやったことがないancoが、
相変わらずの体当たりっぷりで製作致しました。

プラモとはかけ離れていますが、番外編。という事で製作レポート。

IMG_3333[1]
ネットで色々見ていたら見つけた、こちらのクラッチバック型ブーケにヒトメボレ!
なんてカワイイのー!乙女ゴコロわしづかみ。

IMG_3336[1] IMG_3335[1]
こんな感じで持つタイプのブーケ。珍しくてステキ。
よしっ!ここは手作りでしょう!と、昨日造花を買いにいき、お花を見てたらウズウズウズウズ。
さっそく製作に取り掛かってみました。

友人からもらったアドバイスとして、土台を発泡スチロールにした方が良い、というモノ。
なるほどー、と薄い発泡スチロールもGET済みで、切り出していきます。

IMG_3356[1]
薄さ2㎝の発泡スチロールを使用。17㎝×10㎝で2枚切り出して、重ねてグルーガンで接着。
グルーガンはジオラマ作り用に持っておいたのがこんなところで役立つとは…

IMG_3357[1]
全体に丸みを帯びるように、角は落としておきます。料理の面取りを同じ要領ですね。
発泡スチロールをザクザク切るのって楽しい…

IMG_3358[1]
クラッチバックなので、真ん中に持ち手となる部分をリボンでぐるっと巻いておきます。
上記参考画像のように、後日レースやラインストーンなどをつけて、ちょっとゴージャスにする予定。

下準備が終わったので、昨夜行った仮置きを参考にグルーガンでガツガツお花の部分だけつけていきます。
因みに、造花は茎の部分と花の部分は引っ張ればスポーンと抜けるので、すべて引っこ抜きました。
いいのか、ソレで。という気持ちを押し殺しつつ、進めちゃいました。てへ。大丈夫だったよ!

IMG_3359[1]
途中経過。リボンは取り外して加工が出来るようにマスキングテープで仮止め中。
このあたりで、若干花の数の雲行きが怪しく…

ヒヤヒヤしながら進めて行くも、やっぱり足りないということに気づき、
すでにグルーガンで接着済みの花を力ずくて引っぺがすことに。
当然の事ながら、発泡スチロールもえぐれましたが、まぁ隠れるからいいっしょ。とのことで放置。
乙女な物を作っているのに、相変わらずのワイルドな製作っぷりです。めげないよ!誤魔化すのは得意!

IMG_3355[1]
そんなこんな、発泡スチロールを切り出し始めてから2時間ほどで形になりました。
いやー集中した。楽しかった。

写真で撮る分には全く気にならないかな?という出来。満足です。
リボン部分をデコレーションすれば完成。

こういうのってオーダーすると安くても2万とかするんですよねー。
いや、やっぱ作るに限ります。
たぶん、この形だったら普通のブーケ作るより簡単なんじゃないかしら?と思うくらい簡単でした。

以上、番外編でしたw

カッターはオルファのぶっといのでザクザク。
グルーガンはスイッチ機能があるものが欲しいです…

anco
twitter:@anco_s
Re:sence:anco

※ウエディング小物製作代行承ります!
 ツイッターにてお気軽にご連絡くださいませ。クラッチバックブーケはブートニア付きで¥8000~ぐらいで考えておりまする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です