【知りたい!】スチームパンクってなぁに?

SPONSORED LINK

こんばんは!一日中踏んだり蹴ったりで、ちょっぴり悲しいancoです。

朝からダンナに娘を見ててもらって、花粉症でかゆーい目にモノモライがある最悪な状態を、
病院に行って打開しようと思ったら、休診。3軒ほどあたったけど、休診。。。
まぁ娘のいい顔の写真が撮れたからヨシとします。
頑張れ自然治癒能力!

こういう時は楽しいことを考えるのがイチバン。
最近ancoが魅かれているスチームパンクについてちょびっと書いてみます。

汚しやらサビやらコケが大好きな私は、普段からもちょっとレトロな物が好きだったりして、
アンティークっぽい小物や雑貨にはココロ踊ってしまいます。

そんな私に、ダンナが「スチームパンクとか結構ancoちゃんハマるかもね」と一言。
ん?スチームパンク、なにそれ。

ウィキペディアによると、
スチームパンク(英語: steampunk)とは、
サイエンス・フィクション、ファンタジー、歴史改変もの、スペキュレイティブ・フィクションのサブジャンルの1つで、
1980年代から1990年代初めごろまで特に人気を博した。蒸気機関が広く使われている設定で、
ヴィクトリア朝のイギリスや西部開拓時代のアメリカを舞台とすることが多く、
そのような中にSFやファンタジーの要素を組み込んでいる。

とのこと。なるほど。

モチーフとしては、歯車とかが出てくる感じ。えー!なんか良さげ!
とりあえず、グーグルで見てみると出てきたのが「クーロンズゲート」。
懐かしい!

さかのぼること15年ほど前、8歳上の兄貴がやってました。
当時私は小学生だか中学生だか。あの独特な世界観。当時の私にとってはちょっと不気味でコワイ様な印象。
それでもプレイ画面を一緒になって見入ってしまった事を覚えています。
兄貴は結局クリア出来なかったんじゃなかったっけ。

そっか、クーロンズゲートの世界観がまさにスチームパンクなのね!
と頭の中で一致したら、ますます興味が出てきました。
スチームパンクのテイストを眺めてるだけで、なんか作る時のヒントがもらえそう。

これこれ!この本!

今狙ってる本でございます。
作り方の部分で、howtoなんかも載ってるとか。ウーン面白そう。


あとこの本も。作品がたくさん載ってるから見ごたえがありそう!

普段から、何かを作る時はテーマまではいかなくとも、雰囲気はまとめたいなぁ、と思っているのですが、
インテリアショップやこういうプラモ以外の造形の本だったり、
ファッション関連の本だったり見ていると、思わぬイメージが舞い降りてくることがあります。

スチームパンクはそんなイメージをたくさんもらえそう!
これからちょっとかじってみたいカテゴリーです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です