【最強装備】ダンナのコンプレッサーと超音波カッター、高級工具たちの魅力は?

SPONSORED LINK

こんばんは!昨日は一週間遅れで娘の初節句を両家でお祝いしてもらったancoです。
結局一日出かけていたので、家族3人ぐったり…。
22時には就寝してしまい、ブログ更新どころではありませんでした。

今日は一日マッタリ過ごし、娘ともたくさん遊べたので復活!
張り切ってダンナのお話を聞きながら更新です。

模型店で働いているダンナ。
なかなかの工具材料オタクで、我が家はおそらく「一通り」揃っているかと思います。
初心者の私にはズイブン贅沢な環境なんだろうなぁ…と思うこともしばしば。

しかしながら、それらはすべてダンナの独身時代に購入した物たち。
今買おう、となったらとてもじゃないけどウーンなお値段です。
そんな我が家のコンプレッサーと超音波カッターをご紹介。
購入に悩んでる方の参考になれば幸いです。

コンプレッサー(エアテックスAPC007)
現在発売中の物は、APC007bという型版の物で、圧力、追加機能、静かさからしてホビー用途としては十分なスペック。
我が家にあるのもは、一つ前の型版だそうです。
ダンナはこのコンプレッサーを使いカナリ高圧でガンガン塗料を撒き散らしております。
私は低い気圧で使う事が多いですが、音は確かにそんなに気にならないかも。
ダンナが高圧で吹いているときも、音は全く気になりません。
私も隣の部屋でヨユーで寝られますし、うちの娘もグッスリです。

高圧で音がうるさい物はいくらでもあるようなんですが、そもそもなんで高圧がいいのか、と言うところとしては、
大きいパーツなんかは、早く均一に塗れますし、ツヤを出したいときなんかはこの塗り方が出来るのはありがたいことです。
また、パールなど粒子が大き目の塗料も、ある程度の高圧で吹いた方がキレイに塗れたりするので、
必要に応じて高圧で使える、と言うのは非常に幅が広がるものです。

夜中に作業することが多いダンナにとっては、メリットがてんこ盛り、と言うわけです。
高いけど、コンプレッサーに関しては大は小を兼ねる、と考え方も出来そうですね。

しかし、高いな…

超音波カッター(UFW-334)
このブログでも何回か登場している超音波カッター。
プロモデラーの方々も愛用している方が多いですね。
切れ味の良さは、初めて使った時には怖くなってしまったほど!

私みたいに、そんなに改造しない人はそんなに必要性を感じないかもしれないですが、
ポリパテやエポパテなどから、形を切り出すモデラーさんや、
フルスクラッチをするモデラーさんにとっては強い味方です。

元々、模型以外の用途で使われていた超音波カッター。
模型用途向けに出力が低めの超音波カッターもあります。

が、ダンナの使い方としては、ちょっと出力が足りなく感じるそう。

改めて値段を見て、嫁はビックリでございます…。
こんな高いモン使ってるのか、うちのダンナは…。いや、私も使わせてもらってるけど…。

高い工具を使うというのは、時間短縮にも一役買ってくれるもの。
ダンナの考え方としては「時間を金で買う」という感覚。

模型作りで、中だるみをしてしまうと、完成しないまま放置してしまうという、
悲しい結末へのフラグがバンバン立ちます。
それを工具たちが救ってくれているのです。

工具たちひとつひとつも、私たち夫婦にとっては大切なアイテムなのでありました。

いつも使ってる道具たちに感謝。

オマケ
anco「あと欲しい工具とかってなんかあるの?」
ダンナ「旋盤と3Dプリンターくらいかなぁ。」
anco「宝くじ当てないとねー(棒読み)」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です