【定番塗料】ancoはコレで汚してます。

SPONSORED LINK

20130309

こんばんは!きょうは3月9日でザクの日!と、言うことでザクを作る気満々だったのですが、
なんやかんや、作業にたどり着けてないancoです。

せっかくグフカスが終わったので、やりかけのザクをちょいちょいっと仕上げたかったのですが、
残念ながら相変わらずのぬるぬる進行になりそうです。。。

さて汚しとコケが大好きな私。最近シタデルをカナリ活用している訳ですが、
シタデルのどの色を使っていますかー?などのご質問をツイッターでいただくことがあるので、
ancoの汚し定番塗料をまとめてみました。

汚しネタは以前投稿しているので、どの塗料も何度かブログに登場しております。
それぐらい、愛してやまない塗料たちでございます。

まずは、サビで使うこちら。

ウェザリングパステル!
ブラウンとブラックとオレンジを使ってサビを書くもよし!
粉状なので、そのまま使用してホコリ汚れにするもよし!
色々な使い方が出来るので、セットで両方持っておくとカナリ使えます。

また、ジオラマ作りにも役立ってくれるこの子たち。最初に砂利+ボンド液を流すような作りの時は、
ボンド液の色付けにも使えます。
3色ずつの計6色なので、混ぜたりすれば用途は無限大。便利です。

続いてシタデル軍団。

ウォッシングにはウォッシュカラーのブラウン系をよく使います。
全体を程よく落ち着かせてくれるので、エアブラシ塗装の上から塗るのにも使いますし、
シタデルでひと一通り塗ったあとに使えば、筆ムラなどがほどよく馴染んでくれます。
ドライブラシをするときには、サンドカラーを使用するので、
ブラウンで落ち着かせた後に使えば、同じ茶色系統の色なので、自然な感じで汚せます。

汚しで使ってるのはこの2~3色が主ですが、シタデルは一通りそろえてあるので、
まぜまぜ調色して、マスキング回避のためのちょっとした塗り分けにも使っています。
主な塗装はエアブラシで行って、細かくてちょっと大変だな、と思うマスキング箇所なんかにシタデルをちょっと使う、
という方法も意外と時間短縮になっていい感じです。

最後にエナメル系。

エナメルではハルレッドとクリヤーオレンジ。
主に垂れたサビの表現やオイル汚れで使います。
以前は、サビの表現はハルレッド一色で行っていたのですが、
荒木智さんのブログで、クリヤーオレンジを使用してるのを見て使い始めました。
模型各誌で活躍されている荒木さんの作風は本当に大好きで、特にサビにはいつもウットリさせられっぱなしです。

基本塗装はラッカーで行う事が多いので、エナメルだとやり直しが出来て使いやすいので、
垂れたサビの表現にはもってこいです。
サビが垂れてる様子って、意外と狙ったところに狙った汚れが付かなくて、
毎回、綿棒が山積みになるくらい何回もやり直すので、ラッカー下地+エナメルの組み合わせが
私には合っている様です。

汚しの時には、だいたいこの子たちを総動員しています。
どんどん状態が変わっていく汚しの作業は、始めるとついついやりすぎちゃうくらい楽しい作業!
この塗料たちを見てるだけでワクワクしちゃうancoなのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です