【HGUCグフカス】マスキング回避のため、筆塗りを試みる。

SPONSORED LINK

こんばんは!寒さがだいぶ和らいできたので、活動したくなってきたancoです。
娘抱えてどこまでも行くぞ!頑張るぞ!

さて、今日はグフカスをちまちま進めております。
汚しの作業がだいぶ佳境にさしかかってきました。
全体のサンドカラーでのドライブラシが終われば、つや消しクリアの工程に移れそうです。

同じ作業の繰り返しで、ちょっと集中力が途切れてきたので、まだ手つかずだった武器パーツに手を出します。

一応、ノリスが乗っていたグフカスと言うことで作っているので、
最後の最後のシーンでの状態をイメージ。
ガトリングやらカッコいいのですが、最後のあのシーンではすでに外してしまっているので、
今回はあえて作りませんでした。

まぁめんどくさかったっていうのもあるけど。

20130228-b
下準備としては、ヒートサーベルをちょろっと鋭くしてみました。
相変わらずのancoクオリティで、beforeの写真は撮り忘れましたが、こんな感じに。

20130228-a
使ったのはコチラ!私も久々に使いました。キサゲでございます。
キサゲはカンナがけするような感じで使える工具です。
アッガイやズゴックなどのツメがある子たちにも、ツメを尖らせる工作で活躍してくれました。
しかも、カンナがけした後の表面処理は1000番からでOK!けっこうキレイに削れます。

今回は全体として800番までしかヤスリがけしてないので、削った部分にそのまま塗料をドーン!
あいかわらず、筆塗りはシタデルカラーの登場です。

まずは黒でベースを。
その上にシルバーをドライブラシでしっかり乗せます。
うーん。シルバーすぎたか。じゃぁ薄めた黒を…とイメージに近くなるまで重ねていきます。

シタデルカラーは隠ぺい力が強いので、リタッチが簡単に出来るのがうれしいですね。
あーでもない、こーでもないと言いながら、重ねていきます。

20130228-c
こんなもんかな?という色が出たところで、最後にシルバーを少しドライブラシして、仕上げます。
うーん。ちょっとまだ気に食わないな。
こりゃやり直すかも。と、いうことで続きますw

グフカスのヒートサーベルってブラックっぽいシルバーなんですよね。
うーん。イメージしてた手順で、思っていた色が出なかったぞ。
相変わらずの行き当たりばったりぶりですが、ここから考えるのが楽しい!

と、言うわけでダンナに相談ですw

最近、兄貴会で話題のキットたち。
物欲に負けそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です