【HGUCグフカス】汚し、はじめました。シタデルカラーでハゲチョロ!

SPONSORED LINK

こんばんは!娘のお昼寝には必ず付き合うancoです。
いや、ちょっと眠くて…春の訪れですかね…?

そんなこんなで、地味に進めております。グフカス!
もう汚したくってウズウズ。スミイレもそこそこに、ぼちぼち汚していきましょう。

今までまともにやったことが無かったいわゆるハゲチョロ。挑戦していきます。
その前に、リューターにてダメージを追加。

20130221-a20130221-b

胸のクリアパーツ。分かりづらいですが、少しダメージを追加しております。

20130221-c

さて、ダラダラとやっていたら、シールドがいつの間にかこんな感じに。
ダメージがちょっとヨレてるのが気になりますが(笑)
ダメージ部分にブラックを始めにぬりぬり。
その後、シルバーをぬってあります。さらに上からウォッシュカラーのブラックを。

後は、つや消しクリアーブラックを上から吹いていく予定です。

今日はちょっと気分が乗ってしまったのでボディ部分をぬりぬり。
20130221-d
まず、旧シタデルカラーのチェーンメイルで塗装剥がれを表現。
最近は、各誌作例でもよく見かけるシリコーンバリアの塗料を使った方法をよく見ますが、
まだチャレンジしたことが無いので、今回はパス。
いつかやってみたいなぁ、と思いつつも筆でダイレクトに塗っていきます。

細い筆で置くようにてんてん…と書いてみたり、ドライブラシしてみたり。
綿棒でこすってみたり。
気が向くまま塗り塗りしていきました。

これがもうっ!楽しいったらありゃしません。
ただ、やりすぎ要注意!と言うことで、カナーリ地味めに抑えています。
まぁ、後々の追加は可能なので、少なめで止めておきました。

うーん、シルバー感が気になるし、浮いてる感じがするなぁ。と思ったので、
さらにサンド系カラーで全体にドライブラシ。
おっ?馴染んだかなー?←いまココ。

因みに、スカート正面部分には溶きパテで簡単にディティールを追加してあります。
溶きパテのパテが濃く固まっている部分をつまようじなどですくって、ちょんちょんと置くだけ。
このテイストが好きなんです。

あ!でもつまようじであんまりやらない方がいいんですよね。
木の破片とかが混入しちゃうとかで。
つい手元にあると使ってしまうズボラモデラー…反省。
塗料はちゃんとかくはん用の塗料スティック使ってます。。。

20130221-e
今日の作業で活躍してくれたのが、このシタデルカラーたち。
旧シタデルカラーなので、もう販売はしていませんが、現行シタデルの近いカラーだと、
サンドカラーはKARAK STON、シルバーはIRONBREAKERあたり使ってます。

その時その時、目に飛び込んできたカラーを使ってしまうので、まだまだ新旧両刀使いですw
家での作業はやっぱりシタデルカラーがメイン。

今日は夜の作業でスミイレを終わらせることが出来ればいいなぁ、と思っています。
明日は引き続き、足の部分や、腕の部分の汚しを追加予定。
汚しを追加したら、つや消しを吹きつつ所々つや消しブラックを吹く予定。

その段階で、落ち着きすぎてしまったら、さらに上からサンドカラーでドライブラシしたり、
シルバーで塗装ハゲを追加するかも。
まぁそのあたりは様子を見ながら進めていきます。

今回のテーマは汚しすぎない!サビコケ封印!なので、
ガマンガマンでシンプルに仕上げていきます。

汚しは楽しい!でも「キレイに汚す」を大事にせねば。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です