【HGUCグフカス】体当たりモデリング!見つけたミスを誤魔化すぞ!

SPONSORED LINK

こんばんは!今日はイッキに塗装を進めたancoです。

012
塗装をしながら、目をつむりたくなるミスを発見してしまいました。
ゲート処理をしそびれていたところだったり、塗り忘れていたパーツだったり。

しかーし!ダンナが娘と遊べる時しかエアブラシ塗装が出来ないので、必然的にダンナがお休みの日のみの塗装になります。
しかもダンナも塗装をするので、かわりばんこで娘とイチャイチャタイム。
あまりゆっくり塗装と言うわけに行かないので、グフカスに関しては見つけたミスは誤魔化す!という方向で作っております。

本来は、ゲート処理が出来ていない部分や、ヤスリの傷が気になった場合は、またヤスリがけをやり直すのですが、
今回は兄貴会という私がお世話になっている模型サークルの内々のコンペ作品。
そう、なんとなーくですが締め切りがあるのです。

ancoの得意技、体当たりモデリング発動!と言うことで誤魔化しプランニングをメモ。

グフカスは、欲張らずに短時間で完成させることを大前提で制作中です。
フツーにグラデーション+汚し。コケとサビは封印です。

013
前回の塗装時にネイビーのパーツまで塗装済みでしたが、パーツを自宅に忘れてきてしまい、
仕方なく予備ボトルに調色したネイビーを保管しておきました。
まずは塗り忘れパーツの塗装。もちろんグラデーションも…
と、思ったら2層目のハイライト色にを作る際に勢い余って白を混ぜすぎたァァァァ!

さっそくミスです。どうするか。
考えた結果、ダメージ工作を入れた部分なので、つや消しの黒ですす汚れっぽく追加することに。
きっとたぶん目立たないでしょうと言うことで!

続いて水色部分の塗装。ここは一番広範囲なので、調色も慎重に行きたいところ。
と、おもっていたのですが、ネイビー部分の余ったハイライト色が何となくいい感じなので、
色の源シアンをドボドボっと。あれ?青くなりすぎた…と、言うわけでブラックをちょびっと。
お!意外といい感じに!一層目に決定!

塗っているうちに気づいたのは、ゲート処理をし忘れている箇所。
これはイタイ。痛すぎるミス。と思いつつも、適当に誤魔化す事を決意しつつ、塗りを進めていきます。
もう精神がダメな方向で図太くなってます…。

こちらもグラデーションをかけるので、1層目の色に思い切って白を加えます。
一番面積が多い部分なので、写真にも写るように、ちょっと明るすぎ?という色に。

グラデーションをして、今日のノルマは完了した訳ですが、問題はゲート処理をしていない箇所。

思い切ってリューターで少し削り、いわゆるハゲチョロを施すことで誤魔化します。
ハゲチョロの上から、ツヤ消しのブラックをさらに追加し、バフなどの明るめの色で、ドライブラシをすることで、
なんとかなじむんじゃないかなぁ、と言う作戦。

今回の仕上げにもピッタリの誤魔化し大作戦!

やり直すという選択は、作品の精度を上げるにあたって必要なことです。
しかしながら、いかにクオリティを下げずに誤魔化すというのも、リカバリーの方法のひとつ!

この体当たりな感じも、作っている間はなかなか楽しかったります。

結果はやってみてのお楽しみ。

うーん。我ながらズボラモデリングだなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です