【ジオラマ用品】コケはこんなもので生やしてます。

SPONSORED LINK

こんにちは!自身の実家へ娘と共に遊びに行っていたancoです。
県外への移動はさすがに結構疲れますね。泊りともなると荷物のおおさ…

さて、明日はバレンタインデー!
来世は是非、ジャニーズとかに入って人気者になり、トラックいっぱいのチョコを貰いたいくらい、チョコがだいすきな私。
チョコと同じくらい、私のだいすきなモノと言えばコケとサビ!

サビやウェザリングの話は何度もこのブログでも紹介してきましたが、
コケについてはあまり書いてこなかったので、使っているものたちをご紹介。

KATOターフ。

20130213-1
これは初めて買ったコケっぽいものですね。
これは容量もカナリ多いので、ずーっと使えます。いまだに初めて買ったヤツで持っちゃってます。

タッパなどに入れておくといい感じ。

20130213-2
ジオラマなどを作るときはこのあたりを使用。情景職人。
この土っぽいテクスチャの物も、数種類を併用すると奥行き感が出ていいですね。

はじめて小さなジオラマ作った時は、この2種類を先にパラパラと敷き詰め、
その後上記のターフを撒き散らしました。
そのあと、さらに部分的に茶色部隊を散らすとまた表情が出ていい感じになるよーっと教わりました。

小さな木を作るときは、初心者さんにはコチラがオススメ!
20130213-420130213-5
手作りミキちゃん。
コレは、枝の部分はすでに完成しているので、お好みのスポンジを張り付けていくだけでOK!
木ボール
ボールの木の部分は、これを使用して作っています。

20130213-3
最近買った、TOMIXのカラーパウダー。これはグリーンだけでなく、
茶色いパウダーも最初からブレンドされているので、
単色の物よりも簡単に奥行き感がでます。

20130213-6
こちらはヤマゴケ。東急ハンズで偶然見つけて、大興奮で購入したお気に入りです。
これがあるだけで、湿度が高い場所のジオラマにリアリティが出ていい感じ。

今のところ、レギュラーメンバーはこんな感じです。

模型用品で。商品になっているものは、ツブが均一になっているものがほとんど。
そうなってくると、立体感がやっぱり出ません。

私もいつも、作った後に「なんかつまらないジオラマだなー」と思うのですが、
WildRiver荒川さんの本を読んでいたら、100均のポプリを使って枯葉などを表現している
と書いてあり、ツブが均一の物ばかり使っているのが原因かな?
とようやく気づきました。。。

ジオラマが素晴らしい人にお話を聞くと、カナリ色々な所から材料を調達されていて、
木の枝とかそこらへんで拾って来たりもしてますね。
確かに、ホンモノを使うっていうのは手っ取り早くもあり、リアリティも一層増します。

私も、模型店に行ったら必ずジオラマ用の小物は見るようにしてますが、
100均とかではまだまだ、そういう発想には至らないので、自由な発想で材料調達をしていきたいですね。


ジオラマを作るときに参考にさせていただいてます。
がっ!凄すぎてどうやっているのかが結局分からず。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です