【ラストカメラ】木目プラ版、張り付けてみました。

SPONSORED LINK

こんばんは!今日はダンナの協力もあり、なんとか作業を進めることができたancoです。
作業が進むと楽しいですねー!プラモが出来るありがたさを感じます。

さて、前回作った木目プラ版を本体に張り付けます。

20130119
こちらの2つの長さでカットしたプラ版。
木枠っぽいかんじなので、段ごとでズラす感じで。
最悪、ベリッと剥がせるように3S の瞬着でかるーく付けつつ、べったべった貼っていきます。

なんか、手が瞬着でべたべたになっちゃったよ…子供かよ…

20130122
とりあえずこんな感じ。ウンウン、見えるかなーなんとか。
端っこにはまた別のディティールを追加するので、ずれててもOK(にしました…てへ。)
まぁ、元々ちょっと丸っこかったので、木枠を留める金属っぽいディティールを追加予定だったので、
とりあえずこのままで。
ザックリ行かないと終わりません。私の性格上w

穴があった部分はくり抜いていきます。
後ろからグリグリ、本体を傷つけながらも(え?)見た目がマシになるように整えていきます。
これが、結構難しかったです。

思えばこんなにキットをいじくり回したのは初めて。どうで苦労してるはずだ、ワタシ。
しかしながら、ドンドン進めます。多少の事はキニシナイ!
最悪コケとかサビとかでごまかしちゃうもんねー!ハハッ!
さらに、朽ち果て感を出すために、さらに表面をカッターで荒らしました。
20130122-1
カッターで荒らすのも、刃を直接当ててグリっと毛羽立てて行ったり、カドを落としてみたり。
いやーん!汚い!しかしながら塗ればきっとマシになるはず!

これで枠の工作はおしまい。
大きい改修を入れると、私みたいに初心者は終わらなくなるので、見切りをつけるのも大切ですね。
今回はジオラマに埋め込む予定なので、コケやらサビやら色々くっつけるし、
細かいことは気にせずに、色々ごまかす予定です。
逆の言い方をすれば、見えない所は手を抜く!です。
作業がモタつくと嫌になっちゃうタイプなので、手を抜くこと常に考えてます。。。
完璧に!なんてなかなか難しい事なので、完成を重視する場合は、見切りをつけること。を大事にしてます。
言い訳っちゃ、言い訳になりますが、完成しないよりよっぽどマシ!と言い聞かせておりますw

楽しく作れる範囲で作らないと、辛くなっちゃいますからね。

うんうん、楽しくなってきました。
実はすでに塗ってあるので、次回は塗装編です。

さーてスミイレしますか!たのちい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です