【ラストカメラ】ちょこっと工作。超音波カッターでぶち抜いてみました。

SPONSORED LINK

こんばんは!寒くてヒキコモリ加速中のancoです。
1日2回のワンコの散歩のおかげで辛うじて外には出てますが、ソファの上が定位置です。困ったなぁ…

それでも一応、主婦らしく掃除や洗濯をバッチリこなして、娘の昼寝や機嫌がいい時間を狙って作業!
家事が終わってない事には、スキマの時間が家事に追われてしまうので、
朝の起き抜けは必ず娘がゴキゲンなので、その時間に全力で家事を終わらせています。
だいたい8時~11時くらいが勝負。
ダンナのお弁当作りや私の朝ごはんタイムも含まれてるので結構バタバタ。。。

今日の作業はラストカメラ!

この子を例のごとく朽ち果てさせる予定。ジオラマもつけちゃいます。
機械が自然の中にあるアンバランス感も好きなのですが、今回は…
・カメラの周りを木枠っぽくしたい
・中のゼンマイ部分などを見えるようにして、機械感を出す
で行くことにしました。うまくいくかなぁ。まぁとにかくやってみます。

と、言うわけで、中のゼンマイ部分が見えるように、カバー前面をぶち抜きます。
使った工具はこれ!

超音波カッターでございます。

コレ、高いんですよねー…ダンナが独身時代に買ったものなのですが、遠慮なく使わせてもらってますw
でも、あると作業の幅と言うか、スピードも含めて断然早くなります。
思い切った工作が可能になるのもいい所でしょうか。

とりあえず、切ってみました。
2013018-a
左上の部分をぐりぐりぶち抜き切り抜き。
カナリスッパリ切れるから結構怖いです。たまーにしか使わないからホント怖い。
ナイフでバターを切るようにって表現が本当にピッタリです。

20130118-b
引き続き右上も。比べるとわかりますが、この広範囲を短時間でぐりぐりできるのです。

20130118-c
でも、やっぱりちょっと失敗がancoクオリティ。
切り口が超汚いですwwいや、もうこの際だから全部さらけだしますよ…
やっちゃったもんはしょうがないので、リカバリーなんですが、サビさせたりもする予定なので、
このままで塗装。サビを足した時にどうせ表面が荒れるので、ディテールの一つになっていただきます。
だ、大丈夫かなぁ…

隠しきれない部分は、コケとか生やしてごまかします。これがancoクオリティ。THE☆適当。
だ、大丈夫かなぁ…

いや!プラモ作りはま、いっか!が大切な時もあります。
とにかくやってみて、リカバリー。今回はそんなテンションで体当たりモデリングです。
あと、見えない所は手を抜くっていうのも、モチベーションを下げずに作業を続けるコツだったりします。

さぁて、汚い切り口でもヤスリがけしますか!


電気工具で言うと、こちらも我が家では定番。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です