【工具材料編】切る、貼る、削る。&塗る!!読んでみました。

SPONSORED LINK

こんばんは!今日は午前中にサクッと夕飯の準備も済ませてしまったので、ヨユーの一日だったancoです。
もう気持ちの問題が80パーセントなんですが、やっぱ終わってるとラクです。
先日、ダンナがこの本を購入して帰宅。

切る、貼る、削る。&塗る!!
010

おお!なんか楽しそうな本。
今日ようやくゆっくり眺めることが出来ました。

結論から言うと、買いです!
とってもわかりやすくていい本でした。

前半は、工具材料の紹介になっていますが、私とダンナも愛用している物も多数あり、
ウンウンそうだよね!と何度も個々の中でうなずいてしまいました。
また、新たな使い方や、基本的な使い方も改めて確認できて、刺激になりました。

やはり自分が使っている工具が紹介されていると、使ったことの無い工具の紹介記事も、
グッと信頼できるというもの。
片っ端から試してみたくなりました。

一番グッときたのは綿棒!
ジョンソン綿棒が、毛羽立ちやホコリが少なく模型に向いているのだとか。
綿棒なんて100均で適当に選んでしまっていたので、使い比べた事もロクになかったので、
これはおもしろーい!素直に思いました。

買うなら徳用ですな。

あとは定番、キムワイプ。
ダンナとは高級ティッシュームリムリーセレブすぎー
なんて言ってハナから使う気無かったのですが、
ネットだと探せば安く買えるとか。
ちょっと調べてみようかしら。

値段が安いか高いかさえも分からないくらい無縁なキムさん…

消耗品以外の所でいくと、ラインチゼル。

私はスジボリどころか彫り直しでさえ大の苦手。
発売直後に使いましたが、これなら出来るっ!と思った工具。
彫り直しならば、モールドに軽く当ててスーッと引くだけで、簡単キレイに仕上がります。
ひっかく様な形状になっているのも、初心者にはよかったのかも。

工具材料で紹介されていた一部ですが、とても参考になります。
これから揃える方も、すでに道具が固まっている方も、
参考になる一冊かと。

長くなるので続きマース。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です