【意外と簡単】グラデーション塗装入門

SPONSORED LINK

おはようございます!
引っ越しました!家!片付きました!家!ancoです!イエーイ!

一番気に入ってるディスプレイです。タイバニ的なw
ダブルチェイサーの発売が近いですね!わくわく!

さて、覚書グラデーション編。
以前作った製作段階の画像が残ってましたので、
こいつを使いたいと思います。

みんなのアイドルアッガイたんでーす!

それこそプラモ初めて間もないころに作りまくっていた水陸両用シリーズです。んふふ。

・はじめにやること。
陰影をつけるために、絵とかでもグラデーションしていきますね。
エアブラシでは、細かい霧を吹きつける形になるので、
真ん中が濃く、周りは薄くと自然にグラデーションがつきます。
ただし、薄いところは下地の色が見えるので、
塗りたい色よりも少し暗めの色を作って、べた塗をしておきます。

・どうやって塗るの?
どこを塗っていいか最初全くわかりませんでした。私。
光が当たるところは色が薄くなる訳ですから、てっきりカドとかのラインに白く乗せるモンかと。。。
反対です。全く持って反対です。カドやらふちはパーツ同士が接触する箇所になるので、
暗くなります。なので、面の部分を明るくするのが正解です。
組みあがるまで理解できませんでした。ホント愚かな。

・じゃあ色を作らねば。
この、調色がグラデーションではキモになってきます。
こればっかりは、テストピースを使って練習するなり、
好みの感覚をつかんでください。
基本的には、最初に塗った色に白を混ぜればOKです。
塗りたい色よりやや濃いめの色を買うなりして用意し、白を混ぜる。
これが一番手っ取り早いです。

色にもよりますが、きつめのコントラストの方が写真映えします。
私は写真は光で飛んじゃうけど、自然なグラデーションが好きです。

・いよいよグラデーション
このパーツ、すでにグラデーション済みです。

薄い方の色が乗っている所はこのあたりです。

黄色いところには色が乗っていますが…白い部分が完全に薄い色が乗り切っている部分になります。

白い部分に薄い色をしっかり乗せて、黄色い部分はぼかす感じでしょうか。
しっかり色が乗っている部分は非常に狭いため、ニードルは必然的に絞り気味になります。
黄色い部分はちょっとだけ広げて、
境目が無くなるようにエアブラシの距離もパーツから離して吹くと、
自然にぼかせます。
エッジには、下地の濃い色が残るように気を付けます

ひー!説明するの難しい!
グラデーションはホント慣れです。
好みと感覚をつかむためには、まず塗ってみることですね。

コレ、私とダンナのグラデーションあるあるなんですが、
グラデーションしてると眠くなります。
なぜでしょうか…


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です